読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双極性障害と生きる

個人的体験と考えをまとめています。

2016.4.5 テレビの無い生活

横浜の家にはテレビがありません。
テレビを持たなくなって5年くらいになります。
お金がないのでは無く、必要ないからです。

テレビが無い最初の頃は、テレビを買うお金が無くて仕方なく我慢していました。

しかし、数ヶ月もすると、テレビが無い方が良い面が多いことに気付き、それ以来欲しいと思ったことはありません。

何も困らないですし、情報を選択する力がつきました。

たまに、テレビを持っていないことを人に言うと、中古の安いテレビすら買えないほど貧しいと思われて同情されることがあります。笑


実家生活も1週間過ぎましたが、実家は1人1台テレビがあります。

久々にテレビがあることが当たり前の生活はちょっとおもしろい!

料理番組は勉強になりますし、生中継のスポーツ番組もおもしろいし、旅番組を見ていると旅行に行きたくなります。

しかし、1週間もすれば飽きてきました。

テレビが無いことが当たり前ですので、テレビがついていると落ち着きません。


とは言いつつ、ぼちぼちテレビを買おうかとパートナーと話すことはあります。

やりたいテレビゲームが年内に発売されるかもしれないし、笑、マニアックな有料チャンネルは見たいのです。

5年振りにテレビを持つ日も近いかもしれません。