読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双極性障害と生きる

個人的体験と考えをまとめています。

栄養療法という手段

私は数年前、栄養療法(オーソモレキューラー療法)を受けていたことがあります。

血液検査を行い、検査結果を元にサプリメントや食事をメインに治療を行います。

通院した病院はその療法で有名な先生の病院でした。

結論から言いますと、劇的に改善しました。

ずっと苦しんでいた症状が消えたり、夢のような時間を過ごせました。

しかし、2年で断念しました。


栄養療法で人生が変わるくらいの結果が出る方もいらっしゃると思い、この記事を書いています。

インターネットで、栄養療法、オーソモレキューラー療法、などと検索していただければ、どのような治療か、近くに病院があるのかを検索できます。

しかし、この治療法に否定的な医者もいるようですので、よくお調べになってください。


私からは、その療法を受けていた頃のことと、なぜ続けられなかったのかについて個人的体験を話しておきます。

とにかく、治療開始直後から、劇的に良くなりました。
サプリメントと食事のコントロールが主な治療です。

当時は冬で、冬は必ず酷いうつに悩まされていましたが、うつも軽く、少しは働くこともできました。

発作が続いたり、暴れたりするようなことは一切なくなりました。

よく眠れるし、だるさもない。

躁うつは無くなりませんでしたが、うつが軽くなり寝込む期間も1ヶ月続くのが、数日程度になりました。

ずっと性風俗の仕事でしたが、他の仕事もできるようになり、諦めていた夢も実現できそうなところまでいきました。
※それでも、躁うつはあったので失敗もありました。

心理カウンセラーの資格もその頃に取得しました。

人として一番成長した時期だったと思います。

医者によれば、治療を続け、体の状態(栄養状態)が良くなれば、躁うつも必ず改善できるとのことでした。

とても話しやすく、親切な病院だったように思います。


それなのに、続けられなかったのは、お金です。
お金以外、理由はありません。


3ヶ月に1回程度、血液検査があり、サプリメント代も恐ろしい金額。
※人によってはたいしたことが無い金額かもしれません。

普段の食事のコントロールが特に大切ですが、仕事上、外食が多くなりがちで、いつ食べられるかもわからない。
つまり、治療の効果が出にくくなる。

ストレスは栄養を失うことになりますが、仕事のストレスが酷く、サプリメントの無駄遣い状態で、減らせるはずのサプリメントを減らせなくて、お金がかかる。


栄養療法を受け続けるために必死で働いて食生活が乱れて、ストレスだらけになっていったのです。

本末転倒でした。(;^_^A

治療をはじめた当初は、性風俗の仕事のおかげで、治療に必要なお金は捻出できていました。

しかし、今のパートナーと出会った頃に性風俗の仕事はやめました。

そしたら、どう考えても払える金額じゃないのです。
躁うつはあるので、働けない時期もありますし。

サプリメント代も出せなくなっていき、治療の効果を得られなくなってきて、うつも酷くなりますます働けない。

お金の無駄に感じて治療をやめてしまいました。

治療を続けられたら良くなると感じていたのに、です。


パートナーとは、家計にゆとりができたら栄養療法を受けられるようにしたいと話してはいます。

今はこの治療が無くても、良い具合に生活できるようになれると信じて過ごしています。

栄養療法はあくまで手段の一つです。

それで治った方と直接出会ったこともあります。
しかし、良くない結果に終わった患者さんのブログも見たことがあります。

自分の体は自分で守る意識を常に持ち続け、自分に合った手段(経済的にも)を見つけたいです。