読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双極性障害と生きる

個人的体験と考えをまとめています。

2016.5.8 追記

久々に同級生と話して。

大卒後、ずっと銀行に勤めている、私の大好きな気さくな友達。

何年か振りに会って、友達に「何の仕事してるの?」と、聞かれた時、体調が悪くて今は無職だと伝えた。
フリーランスだけど、療養のため休業中なのでほぼ無職。

体が良くないことは伝えているけど、双極性障害のこととか何も言ったことがない。

伝えたとしても友達は態度を変えないとわかっているし、会話の中で伝える必要もなかった。

私自身が、発達障害双極性障害のことを気にしすぎているんだなぁと気付いた。

もし、友達が病気や障害を抱えたとしても、今まで通りの友達でいたいと思うのに。

ありのままの自分で堂々としていたら良い。

気にしない人は必ずいるし、偏見を持つ人も必ずいる。
相手の気持ちは自分には決められない。

どんな時も、自分がどっしりと構えていたら良い。
※体調が良い時にしかできないけど。