読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双極性障害と生きる

個人的体験と考えをまとめています。

2016.9.16 季節の変わり目

昨日は調子が悪くてノンビリしていました。

パートナーは仕事の付き合いで外食でしたので、私は久々にスーパーのお弁当を食べました。

今日も不調で体が動きません。生理の不調とは違う感覚に思います。

昼食は作れたのですが、体が動き辛くて簡単なことが難しかったです。料理のやり方は分かるんですけど、体が拒否してしまいます。

つい先日まで簡単なことだったのに。

あと、めまいが日に日に酷くなってきているので不便です。

何が原因かは1週間くらいで分かると思います。

 

子供の頃から季節の変わり目は必ず体調を崩してしまいます。

気候などの環境に左右されないように、心理学的なアプローチや栄養学的なやり方、日々の運動など、あれこれやっています。

栄養療法や漢方はかなり効果がありましたが、今は経済的に頼れない方法です。

日常生活でお金をかけずにできることを楽しく地道にやり続けたいのですが、躁と鬱を繰り返す間に、体調管理のために何をやっていたか忘れてしまいます。何年かぶりに思い出すこともあります。ノートに書いても見返しません。料理もよく忘れます。

 

躁と鬱の間に人が変わってしまうので、全く新しい健康法を始めたりします。趣味趣向が変わるので、以前のやり方に拒絶反応を持つこともあります。同じ健康法をずっと続けることの方が珍しいです。

訓練して人が変わってしまう現象もマシになってきているんですけど。

私は本当に双極性障害なのだろうか。双極性障害ってこんな感じで合ってるのだろうか?

 

と、色々疑問なので当事者の集まりに参加してみる予定ですが、その日まで動けるか分かりません。

今日はパートナーのために食材を買いに出かけたいのですが、外出できる気がしません。

 

昨夜、スーパーに出かけた時、凄く嫌な感じがしたのでぼちぼち落ちたかなぁと思ったのですが、短期間で結構キツくなってきています。

全く身動きが取れなくなるほど悪くはならないと予測していますがどうなることか。

エネルギー切れかもしれないので、よく休むようにします。

何か対処法が無いか実験する良いチャンスです。