読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双極性障害と生きる

個人的体験と考えをまとめています。

2016.10.16 疲れ

昨日朝、体調もマシになって体も動くようになり、昼には調子よく感じました。

食事も作れました。

外出も全く問題なさそうに感じたので、用事があったので二駅先まで電車で出かけました。

 

しかし。

あっという間に体力を失って、しんどくなりました。

家を出た時は天気も良くてルンルンだったのに、土曜日で人も多い駅前で用事をこなしていたら、絶望的な気分になってきました。

とにかく人が多いことが苦痛になり、寛容な気持ちも消えていきました。

いっぱい、いっぱいな感じです。

 

家を出た時は快調だったけど、体力の蓄えが足りてなかったので瞬時に落ちたのだと思います。

 

帰宅後、少し休んだら楽になって、夕飯も疲れました。

 

休むことが大事だと分かっていた筈なのに、だんだん欲が出てきて休むことを後回しにし始めてしまいます。

欲望や休むことへの不安、現実から逃げたい気持ちもあるでしょう。

 

体力をつけること、体力を温存すること、今はそれをしっかりやろう。

 

今日は朝からパートナーの仕事上の用事でお台場へ行き、その後は知人の俳優が出演する舞台を見に行きます。

 

どう考えても体力的に厳しいので、お弁当やら食事はしっかり用意して、ありとあらゆる対策を考えておきました。

何事も無ければ一番ですが、最悪のパターンを想定して準備しておくと気楽です。

 

今日は周りに合わせずに、自分のペースを守って休む時は堂々と休もう!