読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双極性障害と生きる

個人的体験と考えをまとめています。

2016.9.9 そもそも双極性障害なのか

一昨日から日焼けの跡が急にかゆくなってきて、なかなか辛いです。普段なら日焼け止めを塗っているのに、海の上で塗り忘れるとは。

若い頃は日焼けの跡も残りませんでしたが、シミになりそうで心配。

あまりにも服の型がくっきりついているので恥ずかしいです。誰も私のことは見てないのですが。笑

 

昨日は気候の影響でしんどかったのですが、今日は比較的落ち着いていて日常生活もできそうです。

 

いつも思うのですが、私の躁鬱は本当に躁鬱なのかよくわかりません。

そう診断されているのでそう思っていますが、例えば甲状腺や腸の問題などでも鬱状態になりますし、他の問題が原因で双極性障害のように見えているんじゃないかと思うことが今でもあります。心療内科で腸の検査はあまりしないでしょうし。

向精神薬を服用していないと危険な状態になりますが、薬のおかげで落ち着いているので、やっぱり精神病には違いないんだろなぁと思ってはいます。

今は主治医に正確に症状を伝えて、ご意見をいただくしかないです。

 

私の場合は元々の発達障害と家庭環境の問題で、パーソナリティ障害も深刻でした。

人格もクルクル変わるし、自分が誰だかわからなくなります。

常に矛盾し、ウソをついている自覚もなく、本当の自分の意思というものが存在していない感じでした。

子どもの頃から自殺願望があり、声が全く出なくなったり明らかに変な子だったのですが、成績優秀だったおかげで問題に気付かれることもなかったです。

無意識にウソをついていることに気づくだけでも、凄く苦労しました。認めたくない自分を認められる強さを持てるように訓練しました。

今でも矛盾などは当たり前に起こるのですが、あまり気にしていません。

自分が感じていることを相手に伝えられるからです。

コミュニケーション能力を鍛えたことで、パーソナリティ障害はかなり改善しました。

 

いつも、鬱になるときと、躁になるときでどんな変化が起こったか観察するのですが、人格が変わったように感じる時もあります。記憶は全員共有しているので分かりづらいのですが、強いストレスを受けると完全に変わってしまうので自覚できます。

だけど、それと躁転は関係無さそうだし、よくわからない。

徹夜したり、気分が高揚するような状況にいると、高確率で躁転します。脳の問題なのか、双極性障害になる前からリスクがあることが大好きで、常に冒険を求めていました。

あとは、親から無視され続けていたので自己顕示欲が強く、注目を浴びるためになんでもしていたり、常に心が飢えた状態でした。双極性障害を発症してからエスカレートしていきましたが、勉強と訓練を重ねて今はコントロールしています。

 

自分の症状の原因が明確になって、改善の方法も明確になって、ある程度は普通に生きられるようになりたいのです。

どんな原因でも良いし、どんな改善方法でも良い。

だって、働きたいし、やりたいことは沢山ある。

 

今は、次の鬱までは働かないと決めているので、働かない場合と、働いた場合で体調に変化があるのか無いのか比べようとしています。

本当は日雇いの軽作業をやりたいのですが、工場までちょっと遠い上、8時間拘束をやると体力の限界を超えて悪化してしまいます。以前は悪化と戦いながら働いていたのですが、パートナーとの関係の問題もあって今は自粛しています。

 

色んなことが簡単そうで、なかなか難しいです。