読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双極性障害と生きる

個人的体験と考えをまとめています。

躁の時の過ごし方

10年以上躁うつと付き合っていますが、躁転すると病識が吹っ飛びます。
一生、元気な気がします。

先月の終わりぐらいに躁に入りました。

つい最近まで布団の中で動けなかったのに、3時間も散歩したり、一日中家事をしたり、手の込んだ料理を毎晩作ったり、やりたい放題。

パートナーに活動し過ぎだと指摘されて、最近はおとなしくしています。

病識を持っているつもりでも、自覚できないことはよくあります。

夕飯を作るのも控えめにし、散歩も1時間以内、友達に連絡しまくらない、意識的に気をつけています。

とにかく自覚。

家事も一生懸命やり過ぎず、適度にサボりながらやっています。

あまり活動し過ぎると、酷い落ち方をするのを経験的に知ってるので、控えめに行動したいけど控え目が難しい。

やりたいことが降ってくるし、なんでもできる気がしてしまう。

病識のおかげで、何か大きなことをやろうとか、長期的な計画を立てようとか、人と少し先の約束をしよう、とかは無いです。
もう、十分失敗してきました。

躁をうまく活かせたらいいのですが、躁は1ヶ月は続かないので、何かやり終えるには若干短い。
※それでも、何か大きなことができそうな気がしてしまう。


今、一番大切にしてることは、何をやらないか決めることです。

積極的にやらないことを決めています。

そして、パートナーの意見を尊重しています。

主治医は私が薬で散々な目にあってきたのを知っているので、無理に薬をすすめないのですが、躁の時だけは嫌でもしっかり飲むように言われています。